好きな働き方を見つけるために

千葉金谷のおすすめランチは「金谷ステーション」に聞けば解決する

こんにちは!

ナナメドリです。

一週間、千葉金谷に滞在していました。

初めて金谷に行く人のために「金谷ステーション」を紹介します!

金谷に行きたいけど時間がなかった!

いやいや、何も調べてなくても大丈夫です。

とりあえず「金谷ステーション」に行ったら何とかなります。

金谷ステーションとは?

金谷ステーションは、南房総を訪れるお客様に特別な時間・体験をご提供するための総合観光インフォメーションセンターです。

古くより“南房総の玄関口”と言われた港町『金谷』。電車・車・フェリー、すべての交通手段で南房総への経由地点にあたるこの「金谷」で、南房総を100%楽しむ準備をするための、あるいはゆっくりと旅の思い出に浸るための空間をご用意しました。

引用:金谷ステーション公式サイト

2017年3月にオープンしたばかりの、金谷の総合観光インフォメーションセンターです。

元温泉旅館ということもあり、日帰り温泉も楽しめます。

浜金谷駅からは徒歩5分くらい。

金谷ステーションのサービス

  • 観光案内
  • カフェ
  • お土産処
  • 金谷温泉
  • 宿泊
  • コワーキングスペース
  • 鋸山ガイド

など、盛りだくさんです。

インフォメーションセンターというだけあり、自分に合った観光プランなんかも相談できます。

まったく土地を知らない人には嬉しい限りですよね。

詳しくは公式サイトを確認してみてください。

金谷ステーション公式サイト

おすすめ1「日帰り温泉」

日帰り入浴として利用する場合は、日中しかやっていないので気を付けてください。

夜お風呂入って帰ろう!と思ってもやっていないです。

営業時間

10:00~17:00(受付16:30まで)

入浴料(税込)

大人¥700、小学生¥300、幼児無料(タオル別)

アメニティ等

浴室備品:リンスインシャンプー、ボディソープ

販売品:フェイスタオル(200円)

タオルや、アメニティは自分のを持って行ったほうがおすすめ。

私は敏感なので、マイ温泉セットを持っているくらいですが、気にしない方はタオルだけであれば大丈夫です。

観光案内所だけに、たくさんのパンフレットがいっぱい。

おすすめ2「限定鰺飯」

金谷はアジが有名で、名産です。

参考アジフライおじさんに断られたけど金谷に行ったら奢ってくれた話

ここ金谷ステーションでは「限定鰺飯」が大人気です!

外の看板には、完売してしまうので常に「本日完売」と貼ってあります。笑

奇跡的に残ってることもあるので、お店の方に「まだありますか?」と聞いてみてくださいね(*^^*)

鰺の炊き込みごはんの上に生姜がのっているのがアクセント。

おすすめの食べ方は、醤油とオリーブオイルをちょっと混ぜて食べること!

日本初?の燻製しょうゆと、オリーブオイルです。

確かに醤油オリーブオイル有名な小豆島住民だった私も初耳でした!

醤油はピリっとするし、オリーブオイルはマイルドになります。

どっちも少しずつ混ぜても美味しかったです!

おすすめ3「石の舎カフェ」

350円~コーヒーや紅茶などが楽しめます。

量はスタバでいうトールサイズくらいでした。

私は、アイスの抹茶オレを頼みました。ミルクの味が濃くてとても美味しかったので、おすすめ!

これから金谷を散策しようという方には、電源やWi-Fiもあるし休憩してから行くのにはぴったりです。

お店の方も、気さくで丁寧に説明をしてくれますよ。

おすすめカフェの行き方も教えてくれますし、すごく詳しいんです。

さすがインフォメーションセンター。笑

初めて金谷へ遊びに行く人は、まず「金谷ステーション」へ寄ってみてくださいね!

金谷ステーション公式サイト

読まれています
千葉県いすみ市のコワーキングスペース「hinode」は座るだけで記事が書ける

まるも体験移住レポート「田舎でフリーランスになるということ」人気!

30代女が地方移住したらどうなるのかメリット・デメリットを考えてみた

リゾバを始めたら靴擦れできていませんか?

トレンドスタンダード・ナナメドリ

初めて行くリゾートバイト…

レストランやホールスタッフは、黒いパンプスが基本です。

新しく買ったローファーで靴擦れしていませんか?

「痛くて仕事にならない!」なんてことになる前に、おすすめなのがトレンドスタンダードの痛くないパンプスです。

サイズ展開も豊富で立ち仕事が変わるパンプス、あなたも体験してみませんか?

>トレンドスタンダードのパンプスを見る

>10パーセントオフクーポンを受け取る

>ナナメドリおすすめの仲居草履はこちら

関連記事

体験移住って何?千葉・金谷のコワーキングスペース「まるも」を紹介します

千葉・金谷「まるも」に体験移住することにしたら到着までに消耗した

金谷港から東京湾フェリーで都内へ帰ったら快適だった件

アジフライおじさんに断られたけど金谷に行ったら奢ってくれた話

まるも体験移住レポート「田舎でフリーランスになるということ」