好きな働き方を見つけるために

ナナメドリのプロフィール

ナナメドリプロフィール

初めまして。ナナメドリと申します。

この「ナナメドリ」というブログの運営者です。

ブログ名も名前も一緒なのは、覚えることが少ないほうがよくない?と思ったからです。けっしてブログ名を考えるのが面倒くさかったわけではありません。

「何でナナメドリなんですか?」とよく聞かれます。

「世間を斜めから見ていくブログですか?」と言われたりしました。そうではありません。

単純に私の撮っている写真が「斜め撮り」だからです。

友達にふと言われた言葉がなんとなくずっとひっかかっていて、ブログ名にまでしてしまいました。

そんなナナメドリの幼少期から今までを描いてみました。ごゆるりとお付き合いください。

ナナメドリ学生時代

ナナメドリプロフィール

小学生時代はショートカットでした。水泳を習っていたため、髪を伸ばすのを許されず、美容師の伯母さんが切ってくれてました。

よく姉妹で遊んだり、隣りにハトコが住んでいたり、犬を拾ってきたり、田舎の小学生って感じです。

ファミコンにハマったのと、逆さ睫毛で視力が急激に悪くなり、小学生からたまに眼鏡をかけていました。

参考ハードの充血に慣れてはいけない。視力が悪い人の悩みが止まらない問題と解決方法

ナナメドリ・ハード充血
視力が悪い・・・でも仕事中は常にPCに向かっている・・・このまま視力が下がり続けて最終的にはどうなってしまうんだろうか? そんな不安は抱え...
ナナメドリプロフィール

おとなしい学生でした。

友達がいないというわけではありません。

仲がいい子に対しては喋るけど、クラスで目立つようなタイプではありません。

しかし、ヤンキー風な子たちからも話しかけられるような害のないタイプだったと思います。

ソフトボール部に中1の頃入ったのですが、視力が悪く、レフトでボールが飛んでくるのが見えなくてやめました。

中2からは、美術部で絵を描いたりしてました。

油絵は苦手だったので、主に静物画の模写を水彩で描いていた記憶しかありません。

美術部は、漫画やアニメ好きが多かったので影響され、この頃はオタクでした。

新世紀エヴァンゲリオンが流行っていた時期に、14歳だったのでハマるしかありませんよね。

アニメをたくさん観るようになり、ラジオも聴くようになりました。

アスカ役のみやむー宮村優子さんが好きで、友達と3人で名古屋のイベントに行ったこともあります。

かわいかった!笑

その友達と同人誌もどきを発行することになり、一冊100円で販売していました。

コミケなどには出ていませんが、友達のお手伝いをしたことはあります。

ナナメドリプロフィール

まぁまぁオタクだった私は、高校に入るとまったく興味が違う方向に向きました。

それはエヴァンゲリオンの続きがなかなか公開されなかったこともありますが、音楽に夢中になっていました。

きっかけがまったく思い出せないけど、「SOPHIA」というバンドが好きになり、めちゃくちゃライブに行ってました。

好きすぎて、この頃ホームページビルダーでSOPHIAのファンサイトを立ち上げていました。

この頃は、まだブログではなく日記ツールを自分のホームページに置いておくようなスタンスだったんです。

参考SOPHIAは売れないと言われたけど私が好きだった理由をとことん語る

SOPHIAが好きな理由・ナナメドリ
私が高校生のときは、今では考えられないくらい音楽番組がとても面白かった。 Mステやうたばん、ASAYAN、夜もヒッパレ、CDTV、ポップジ...

ネットが普及してくると、音楽を違法でダウンロードできるようなソフトが流行りました。

インディーズの頃のBUMP OF CHICKENとか好きでしたね。「LAMP」とか。

ちなみに初めて買ったCDは、安室ちゃんの「Body Feels EXIT」です。

アムラーだったし、朋ちゃんやあゆも好きでしたね。

音楽も好きだと、高校生はよくカラオケに行くようになります。

友達が上手くて聞き惚れるくらいでした。(私は下手で、今練習中)

参考ヒトカラは歌が上手くなる?カラオケは一人カラオケがおすすめ!

ヒトカラで歌が上手くなりたい・ナナメドリ
あなたは、ヒトカラしたことありますか? 「ヒトカラ」=「一人でカラオケ」 今、私はヒトカラにハマっています。 めちゃくちゃ楽し...
ナナメドリプロフィール

この頃から、音楽漬け・ネット漬け・ライブ漬けで、勉強はまったくしていませんでした。

友達や彼氏の付き合いも含め、色々なライブに行きました。

  • SOPHIA
  • 19
  • Λucifer
  • スガシカオ
  • Mr.Children
  • スピッツ
  • 東京事変
  • クラムボン
  • Salyu
  • BENNIE K
  • Good Charlotte
  • Red Hot Chili Peppers
  • 松田聖子
  • RIP SLYME

ナナメドリライブハウス時代

ナナメドリプロフィール

音楽系の専門学校へ通っていたときから、ライブハウスで働き始めました。

専門学校では、イベントプランナーコースというイベントを企画して作り上げて実際にイベントを開催するということを学んでいました。

授業では、「企画」「音響」「照明」「デザイン」などイベントに関することを勉強します。

その中でも、特に私は「照明」という舞台の灯りをつくる仕事がとても惹かれて、ハマってしまいました。

イベント内容や、演劇、ライブに合わせて、一から作っていくものはとても面白いなと感じました。

授業で教えてくださった講師の方の現場に、手伝いでついていくようになると、実際に現場の仕込みやピンスポットをやらせてもらえるようになりました。

徐々に経験を積み、既にライブハウスで働いていた専門学校の先輩たちと飲み会をする機会があったんです。

先輩が「うちのライブハウス募集してるから、来ない?」と軽い感じで誘われて、その気になった私は、さっそくライブハウスの店長に面接をお願いしました。

これは、もうコネですよね。

ライブハウス自体が、「バイト募集!」ということをあまりしていない時代でした。

ほとんどが専門学校に通っていた先輩後輩のコネだったり、別のライブハウスで働いていたり、といった人が多かったのです。

専門学校に通っていなくいきなり未経験で雇うということは、あまりしていなかったように思います。(現在はわかりません)

最近は、ライブハウスで働きたい!という人も少なくなったようで、ライブハウスのサイト自体に募集をかけているところも見かけます。

半年間、無給で修行。

これは、今の時代「訴えられる」案件じゃないかな?と思ってしまいます。笑

若かったからできたことでしょうし、10数年前だったから、許されたといっても過言ではありません。

専門学校に通いながら、週3は無給でライブハウスで仕込みの手伝いをしていました。

交通費ももちろん出ませんし、完全に丁稚奉公です。

今となっては、「よくやったよ、自分」って思います。

参考「ライブハウスでバイトをする」やりがい搾取の音楽現場について

ライブハウスバイト・ナナメドリ
音楽が好き! ライブが好き! フェスが好き! という人は、たくさんいます。 これを見ているあなたも、きっと毎年大...

ナナメドリ正社員OL時代

ナナメドリプロフィール

ライブハウスは、絶対25歳までに辞める。という決意をしていました。

どうしても体力の限界がくると思っていて、若いときにしか出来ない仕事だなと感じていました。

先輩を見ていても、大体30前後には辞めているといった方が多かったのです。

照明職から離れ、受付や事務もライブハウスでやるようになると、今度は転職願望がとても湧きました。

そしてとにかく「OLになりたい」と思っていました。

店長にも「私ぜったい25までには辞めたいです」と豪語していました。

そして、25になる歳の24歳の3月に辞めました。

一か月間は、違うバイトもしていたのでそのバイトをメインに働いていて、他に派遣会社に登録もしました。

そこで、ゆくゆくは正社員にもなってみたいと思い、「紹介予定派遣」を選び、仕事を紹介していただきました。

ナナメドリプロフィール

営業事務の仕事をすることになりました。

紹介予定派遣というのは、まず派遣期間はお互いを知るということで、何か月間かは派遣社員です。

その後、双方の了承が得られると正社員契約を結びます。

2ヶ月ほどで、社長とも面談し正式に正社員にしていただきました。

しかし、その会社は起業して1年ほどで、とてつもなく忙しい会社でした。

私が入った当初は、社長含め社員3人でまわしていました。しかし、お客様も増え、売り上げも上がり、どんどん急成長している会社でした。

一人一人の負担がとても大きく、事務ほぼ未経験の私が、目まぐるしい日々を送っていました。

残業も多く、今まで派遣期間は定時で上がれていたけど、社員になったら残業、残業、そしてみんな帰らないから、帰りづらい。

朝から夜まで、ずっと働きっぱなしです。

土日祝日も休みでしたが、たまに土曜出勤しないと仕事が追いつきません。

事務なのに?って思いますよね。

お客様の数が圧倒的にこなせない量だったんです。

とにかくめちゃくちゃ忙しく、私は睡眠第一主義で、毎日睡眠不足でした。

そして体調を壊してしまい、辞めることになってしまったんです。

給料は、やはりライブハウス時代の薄給よりは断然良く、こんなに貰えるんだと思っていました。

しかし、自分の体調と引換えです。体を壊しては、元気に働けませんよね。

自分自身を大事にしたいと思い、退職しました。

参考紹介予定派遣で正社員になったらブラック企業だった話

派遣から正社員になったらブラックだった・ナナメドリ
前回の話はこちら>> 【営業事務】紹介予定派遣2ヶ月で正社員になったOLの話 めでたく派遣期間2ヶ月という短さで、直接雇用の話をいただき...

ナナメドリフリーター時代

ナナメドリプロフィール

正社員時代、本ばっかり買っていて通勤のお供はもっぱら文庫本でした。

書籍代にいくらお金をかけたでしょう。

何故か、図書館で借りるとたくさん借りてしまい期間内に読めないタイプで、どうしても自分のお金で本を購入してしまっていました。(何回も読まないくせに)

ナナメドリプロフィール

そんな本好きの私は、書店でアルバイトをしてみたくなり、さっそく応募しました。

即、受かりました。笑

書店バイトって、楽なイメージがありませんか?

ハタキでぱたぱた。そんな感じ。

現代ではそんなことはしません。いや、掃除はしますけどね…。

ナナメドリプロフィール

とにかく書店って想像以上に忙しいんです。

レジも忙しい。問い合わせも忙しい。棚出しも忙しい。発注も忙しい。

とにかく忙しいのです。

フリーターでしたので、早番も遅番もしていました。

こんな忙しい書店員を2年やっていましたが、書店って薄給なんです。

好きの搾取なんです。好きでなければ。やりがいなんて感じられない。

昇給もありません。社員への道も遠い。交通費もなかった気がする。

こんなんじゃ、一人暮らし生活していけません。

参考ジュンク堂書店のアルバイト面接は特殊?2年間文芸・文庫担当だった私が答えます

ジュンク堂書店バイト・ナナメドリ
>>書店バイトを探す 私は正社員の事務をやめて、好きなことがしてみたいと思い書店で働くことにしました。 26歳の夏、フリーター(無職...
ナナメドリプロフィール

そしてダブルワークを始めました。そこで、よくカフェに行っていたので、カフェがいいなー。

書店の近くがいいなーと思い、探したのがスタバです。

「スタバで絶対働きたい」という大学生をよく見てきましたが、大学生でも何でもないフリーターでしたので、ただ生活費を稼ぐためと思って応募しました。

スタバはよく行ってましたが、コーヒーより紅茶の方が好きでしたね。以前、紅茶専門店でアルバイトもしていたこともあり、今度はコーヒーを究めてみようかな?という軽い気持ちでした。

意外と入ってから知ったのですが、なかなかスタバの面接って狭き門だったようです。今では、店舗も増え人材不足ですから違うかもしれませんが。

喫茶店やカフェでは働いたことがあったのですが、スタバはチェーン店。

アメリカン。なんだか、今までのカフェとは比べ物にならないほど大変でした。

仕事はどれも慣れるまでが、本当に辛く大変です。

何度も挫折しそうになりましたし、バックヤードで泣きました。

自分が出来ないのがいけない。それが悔しいんです。

あの、コーリングと呼ばれるカタカナの呪文がすらすら言えるようになるまで、ちょっと慣れたかなぁって思うまで、半年くらいかかったと思います。

私は週2で時間も短かったので、覚えるのも上達するのも人より遅かったように思います。

慣れてから、本当に楽しくて、仲がいい子と働くのは本当に良い思い出ばっかりです。仲間に恵まれていたなぁと今でも思います。

このまま掛け持ちのダブルワークでいいんだろうか。

バイト生活をずっと続けていっていいんだろうか。

悩み始めます。書店もスタバもどっちも好きだけど、このままではいけない。

そんな風に感じ始めると、ひたすら転職したいと思うようになりました。

参考スタバ辞めたい人が読むべき記事5選

スタバでバイトしたい・ナナメドリ
こんにちは!元スタバ店員ナナメドリです。 スタバでこれから働いてみたいなぁという人、スタバにちょっと興味あるという人、どういう風に働い...
ナナメドリプロフィール

転職したいけど、このまま地元にいても楽しくないし、何も変わらないんじゃないかなぁと考えるようになりました。

「変わりたい」

そう思って、私は旅立ちます。

ナナメドリプロフィール 参考20代後半で好きな仕事を辞めてリゾバに飛び込んだ

仕事辞めたいからリゾバ・ナナメドリ
あなたは、今好きな仕事をしていますか? それとも今の仕事は辞めたいと思っているんでしょうか。 正社員のOL時代、とても苦痛だったので...

ナナメドリリゾートバイト時代

ナナメドリプロフィール

リゾートバイト(リゾバ)で色んな場所に行き、色んな人に出会いました。

最初は本当に辛かった。

それこそ泣くくらいに。

でも、リゾバという旅に出て本当に良かったと思っているし、今の私はリゾバのおかげで出来ていると言っても過言ではありません。

参考リゾバを始める人に贈る10記事選んでみました

リゾートバイト初めて・ナナメドリ
初めまして。現役リゾバイターのナナメドリです。 私は、以前2年間リゾートバイトをしていました。リゾバ卒業したと思いきや、短期で直雇...

ナナメドリ上京物語時代

ナナメドリプロフィール

リゾバも好きだったのですが、ずっと続けられるものではありません。

体力勝負で、転々とする生活に疑問を感じていました。

地元が愛知で、関西も住んだし、これは首都・東京に住んでみるしかないと思いました。

進学でも就職でもなく「上京する」ということは、それはそれは質問をよくされたんです。

「なんで東京にきたの?」

「なんで上京したの?」

30歳という年齢で上京した私は、新しい職場でテキトーに答えてました。

「東名阪、住んでみたらいいかなぁと思って」

シェアハウスにも住んでいたので、シェアハウスの同居人にも聞かれる始末です。

安易にシェアハウスには住まないほうがおすすめです。

参考シェアハウスで盗難に遭って警察沙汰になった話

シェアハウス盗難警察沙汰・ナナメドリ
こんにちは。元リゾバイターブロガーのナナメドリ(@nanamedori)です。 私はリゾバ生活を終えて上京して、これまで東京で3軒のシェア...

ナナメドリ大学事務時代

ナナメドリプロフィール

再び、東京でも本屋とスタバで働いていた私は、いよいよ本格的にどちらも嫌になります。

派遣社員として、大学事務に転職しました。

参考派遣の大学事務は未経験でも採用される?学校事務の働きやすさを伝えます

大学事務未経験派遣・ナナメドリ
都内では、大学事務で働いていると言うと「今の人気のやつ!羨ましい!」と言われることが多くなりました。 私自身が派遣で働くにあたって、学校事...

大学事務は定時で上がれるので、アフター5を楽しみました。

友達とごはんに行ったり、飲みに行ったり。

一時期はゲイバーに通っていました。

しかし、お金がないと楽しくないのが東京です。

これが現実です。

参考ゲイの親友の誘いを断わり続けて私はお酒をやめて稼いでいる話

ゲイバーに行ってた女・ナナメドリ
私には、ゲイの親友がいた。 職場で出会って、もう3年が過ぎた。 私は、職場の愚痴ばかりを彼に言っていて、よくガストで聞いてもらってい...

ナナメドリブロガー時代

ナナメドリプロフィール

2016年10月にブログを始めました。

ちょうど大学事務に転職してから1年が過ぎたころでした。

転職したのに思ったより稼げないし、週1で働いていたスタバを辞めたい。

ブログを始めた理由は、スタバを辞めたかったからなんです。

その頃は、「スタバで働いていた分の3万〜5万くらいをブログで稼げたらいいよね!」と安易に考えていました。

ナナメドリプロフィール

しかし、ブログで稼ぐことはとっても難しいことを痛感しました。

こんなにたくさんブログがあるのに、どうやったら稼げるんだろう?と半年ほど悩んでいたんです。

毎日定時で帰っては、ブログのことばかりしていました。

サイトが重いから、サーバーを変えたり、新しいドメインをとったり、分析が苦手で何をやっていいかわからなかった。

無収入で、誰にも読まれないブログは本当に価値があるんだろうか。

そんなときに、初めてブログに貼ったアフィリエイト広告で収益が発生したんです。

嬉しかった。

私の記事を読んでくれるだけでも嬉しいのに、広告を踏んでくれて、行動するきっかけになったかと思うと、もっと嬉しかった。

ブログ、もっとがんばろうと思えた。

それから記事を書き続けていたら、月10万円稼ぐことができました。

参考副業ブロガーでもアフィリエイトブログで月10万円稼ぐ方法の振り返り

副業ブログアフィリエイトで月10万円稼ぐ方法・ナナメドリ
こんにちは。ナナメドリ(@nanamedori)です。 私はブログを2016年10月に始めて、1年8ヶ月が経ちました。 そして、今月...

私は、誰かの人生を変えるきっかけになる記事を書いていることを実感しました。

これは重大責任です。

私の体験が誰かの人生の参考になってたら、とても嬉しい。

 

今日も誰かの人生変えてるって思いながら、記事を書き続けます。

私のブロガー時代は始まったばっかりなんです。

これからも、よろしくお願いします。

ナナメドリをフォローする!

Twitter(@nanamedori)

Twitterは毎日見てます。夜中にたまに狂ったように呟きます。

Instagram(@nanamedori)

最近更新していません。ちょっと飽きてる笑

Facebook(@nanamedori)

記事更新くらいしたいところ。←していません。

note(@nanamedori)

エモい文章が書きたいときに書いてます。

ブログ関連おすすめ記事
#ルカルカ本「本気で稼げるアフィリエイトブログ」【ブックレビュー】

ブログを始めるときに読むおすすめ本を厳選5冊紹介します

自分の記事が誰かの背中の後押しをしていたかもしれないと気づいた