健康の話

歯列矯正を35歳で始める決心をした私の矯正歯科選び方のポイント

歯列矯正35歳・ナナメドリ

歯列矯正をしたいなぁと思って、はや20年。

私は、2018年の7月に劣化していた銀歯をセラミックにしたことをきっかけに、歯医者に通うようになりました。

銀歯のなかは虫歯というほどではなかったのですが、銀歯の劣化により黒ずんでいてひどい歯でした。

合計4本もセラミックにして、いっきに14万もお金を払ったんです。

でも、きれいになった歯は白くていい感じで、とても嬉しかったんですよね。

上の歯は、一つだけあと銀歯が残ってるのですが、これもきれいにしたいなぁと考えているところです。

歯医者に通うようになって、やっぱり諦めきれなかった歯列矯正をしたい、毎日気になる私の歯並びをどうにかしたいと思い、ようやく始める決心をしました。

歯列矯正の無料相談やカウンセリングばかり行っていた

私は、気になったら何でも試したくなる性格なので、歯列矯正の無料相談や、無料カウンセリング、モニターに散々行ったんです。

もちろんレントゲン写真を撮ったりするカウンセリングは、無料じゃありませんでした。

だいたい、診察料として1,000円〜3,000円前後とられることが多かったです。

最近、行ったキレイライン矯正でもレントゲン代の3,000円を初診料として支払いました。

関連記事:キレイライン矯正のインスタ広告が気になったので矯正相談に行ってきた



歯列矯正のモニター価格の相談も行っていた

キレイライン以外にも無料相談は行っていて、なかには「毎日ブログ記事や写真アップをする代わりにモニター価格で矯正できる」という矯正歯科もありました。

ブログをすでにやっていた私は、何なら歯科公式サイトからブログにリンクもらいたい、写真も余裕、文章書くのも余裕と思って、ウキウキして相談に行ったほどです。

しかし、そのモニター価格もそんなに安くはありませんでした。

たとえば矯正料金が100万円かかるとしたら、90万円くらいになるだけでした。(これでも10万円引きですが)

モニター価格というので50万くらいにならないかなぁと勝手に期待していました。

文章を書く、写真を撮るという代償がそんな割引率なら、自分で書いたほうがマシだと思ったんです。

ブロガーなめんじゃねぇ!私は高単価ブロガーになる!と思い込んでおりました。(当時)

結局、そのモニター価格の矯正歯科は家が遠いし、通うことを考えると、絶対にないなと思って帰りました。

無料相談・無料カウンセリングのところは親身じゃない感じがする

たくさんの無料相談・無料カウンセリングを行った私の感想として、無料のところは説明が少ないし事務的でした。

まぁ、そりゃそうですよね。

無料ですから。

30分、1時間も時間を割いても、一円も利益にならないわけで、その人が通わなければお金になりません。

料金表をペラっと一枚、歯科のパンフレットを一部、その日に撮った写真を印刷した紙を持ち帰っておわりです。

私が行った歯科では、「無料なのにここまでやってくれるの?」というところはありませんでした。

有料できちんと写真を撮って詳しい説明をしてくれるところがおすすめ

相談もカウンセリングも、きちんと診察料を支払うところのほうが、断然説明は丁寧です。

写真撮影かレントゲン撮影かは、歯科によると思いますが、予約の際に診察料がかかるかもおしえてくれるところばかりでした。

今後、歯列矯正の相談に行ってみようかなぁと考えている人は「無料相談か有料相談」というところもチェックしておくのが、おすすめです。

私が選んだ矯正歯科の決め手を3つだけ伝えます

  1. ほかの歯科では言われなかったことを説明してくれた
  2. 土日でもやっている・平日も19時以降の予約がとれる
  3. 院内分割払い(金利・手数料無料)があった

こんなに歯列矯正の無料相談ばかり行っていた私が決めた矯正歯科のポイントはこちらです。

よく言われる「日本矯正歯科学会認定医」かどうか、家と職場からの通いやすさ、支払える料金設定も重要です。

なかでも決め手は、これかな?と思ったことを3つあげてみました。

ほかの歯科では言われなかったことを説明してくれた

私の歯の場合は、いつも抜歯で4本抜くと言われます。歯が大きいため「絶対抜歯したくない」という気持ちはなかったので、むしろ抜いてくださいと思っていました。

(なんなら抜いて小顔になりたい・笑)

矯正で抜歯をするときのスタンダードは、前歯から数えて4本目を抜きます。

4本目でもいいのですが、私は5本目の上の歯が銀歯になっていました。上の歯は、冒頭でお伝えしたとおり、この歯以外は銀歯ではありません。

「この銀歯の5本目を抜いてきれいにしてもいいね」と先生が言ってくれました。

しかし、その分動かす距離があるので半年間くらい矯正期間が余分にかかるということです。

この方法は、どこの歯医者でも言われなかったので、「銀歯やだな」と思っていた私にとって「え、ラッキーじゃん」と感じたくらいでした。

まだ、どの歯を抜くか決定はしていませんが、こういう方法もあるんだと初めて知ったので「なるほど」と思いました。

銀歯もゆくゆく劣化して、また治療をするくらいなら抜いてしまったほうがいいかなぁと考えています。

銀歯の寿命でセラミックに交換・ナナメドリ
銀歯からハイブリッドセラミックに交換した!値段からメリットまでを公開こんにちは! ナナメドリです。 ここ、2ヶ月くらい歯医者に通っています。もともと矯正がしたいなぁと思っていて、たまに歯医者に...

土日でもやっている・平日も19時以降の予約がとれる

実は、本格的に通おうと思っていた家の近くの矯正歯科がありました。

ここもよかったんですが、矯正の先生が水曜日にしか来ないということで「通うなら水曜以外も選びたい」と考えていた私は、相談のあとに悩みました。

また、矯正を始めるにあたってクリーニングも何回か必要、それから検査をするということでした。

ちょっと面倒だし、そこまですぐ予約がとれるわけではなかったので、家の近くの歯科はやめてしまったんです。

結局、家と職場のあいだ、休日もよく行く駅の近くの矯正歯科にしました。

平日も20時までやっていて、土日もやっています。すごいですよね。

土曜だけはやっていること多いですが、日曜もやってるのはめずらしく感じました。

検査の予約も、次の診断結果の予約もわりとスムーズにとれて、どんどん進んでいきそうで楽しみです。

早く矯正したいのに予約がなかなかとれないと、せっかくやろうと思っていた気持ちが半減してしまうので、決めたらがんばって通う気が起きますよね!

院内分割払い(金利・手数料無料)があった

現金一括払いも、クレジットカード払いも、銀行振込もできました。

デンタルローンではなく、院内で分割払いができるということで金利・手数料なしがよかったので、こちらを選ぶ予定です。

歯列矯正を始めるのがネックなのって、痛みもあると思いますが、やっぱり料金の支払いだと思います。

なんでこんなに高いんでしょうね…。つらい。



まとめ・悪い口コミやデメリットもあったのに決めた理由

実は、決めた矯正歯科に行く直前にGoogleマップの口コミを見てしまいました。

場所がわからず方向音痴の私は、絶対にGoogleマップを見ます。

実は、このGoogleマップに出てきた口コミは本当によくありませんでした。。。

予約をした段階では、歯列矯正サイトの口コミを確認したり、いろんなサイトでリサーチもしました。

しかし、このGoogleマップは見てなかったんです。行く前に「どうしようかな、やっぱやめようかな」と思いましたが、ここに決めました。

「絶対、今年矯正する」と決めたので行くしかないと思ったんです。

結果、行ってよかった理由は、ちゃんと院長先生が詳しく説明してくれたところです。

写真を撮ってから、個室ですごく待たされたんですけど、雑誌を持ってきてくれたし「お待たせしてすみません」と言ってくれたところも好印象でした。

矯正歯科だったので、子どもも大人もみんな矯正のために来ていて、治療もしてくれるのですが、人気な歯科です。

人気だし待たされるのも仕方ないかぁと思い、私はスマホをいじっていました(笑)

待たされている間に考えたのが、「もう無料相談やカウンセリングばかり行って、無駄な時間をとられるより矯正を始めてしまったほうが期間が短くなる、今がいちばん若いんだから」と思いました。

35歳の私は、これから歯茎がさがってきたり、ほうれい線が目立ってきたり、歯周病のリスクが高まります。

こういうことも考えると、やっぱり20代のうちにしておけばよかったなんて思うのですが、35歳でも遅くないと思い込んで、私はがんばります!

応援してください(^^)

自分に合った矯正歯科を探す

歯列矯正専用のInstagramはじめました!

@nanamedori_35

「#35歳からの歯列矯正」というタグも作りました。

矯正している方、ぜひぜひフォローしてください!

いっしょにがんばりましょう!

こちらの記事も読まれています

キレイライン矯正のインスタ広告が気になったので矯正相談に行ってきた

銀歯からハイブリッドセラミックに交換した!値段からメリットまでを公開

スターホワイトニング表参道院でプレミアムプランを体験してきた

ABOUT ME
ナナメドリ
ナナメドリ
ナナメドリです。リゾートバイト、スタバ、書店、ライブハウス、大学事務など、20社以上の職歴をもつ転職人生ブロガー。「もう嫌いなことはしたくない」好きな働き方を見つけるために、毎日ゆるく生きています。