ブログで働く

好きだけで続けていくことはできるけど、好きでやめちゃいけない。好きで始めたことに責任をもつ。

作家の桜木紫乃さんが、NHKの「あさイチ」で、『好きで(小説を)始めたことだけど、こういう方たちがいるから、好きにやめてしまうことはできないんだな』みたいなニュアンスのことをおっしゃっていました。

熱心なご高齢のファンの方がいて、新聞連載をスクラップしているものを紹介されていたときです。

自分の好きで始めたこと、好きで続けていることでも、自分の好きでやめちゃいけない。

この言葉が、今の私に深く刺さりました。

やめることは簡単にできるし、続けなくても誰も文句を言われない。それが「好き」だけで始めたこと。

私の場合は、ブログを始めることができて、続けることができた。

だけど、自分の勝手で、都合で、やめちゃいけない。

もしかしたら、ブログの更新まだかな、もう書かないのかな、やめちゃったのかな、もしかして新しいブログ書いてるのかなって思ってくれている人がいたとしたら、なんだか申し訳ない気分になったのです。

逆にファンの立場になると、好きだったブロガーさんがだんだん更新しなくなって、あんまりSNSも更新しなくなって、生きているかもわからなくて、今何してるんだろう?と考えてしまいました。

元気ならいいのですが、たまにはその方の文章が読みたいなぁと思います。

私にも、今まで読んでくださった方やコメントやメールをくれた方がいました。

せっかく好きで始めたことを続けてこれたのだから、簡単にやめるのはもったいない。やめるときは、次に新しく好きなことができたときにしよう。

そう決めました。

追記として。

思考が変わったのかもしれませんが、なんだかネガティブなこと(愚痴など)が一切書けなくなり、ポジティブに楽しいことを考えるサイト(ブログ)が作りたいです。

うだうだ愚痴ってる記事も、私の経験として残したいのですが、いっきに全部削除したいとも考えました。

そんな感じで、また思考をクリアにして書いていきたい。簡単にやめちゃいけない。

こちらの記事もおすすめです