好きな働き方を見つけるために

阪口ユウキさんに学ぶ・叶えたい夢に近づくための自分メディアの作り方

\メモから好きな働き方見つけた話/
剛力大介メモタイズ

誰もが「こんなふうに人生を送れたらいいのになぁ」とぼんやり考えることがあります。

 

たとえば、寒いのが嫌いだからあたたかいところで暮らしたい。

満員電車の密着感が辛いから、通勤生活がない働き方をしたい。

なんとなくかっこいいから、海外で暮らしたい。

旅をしながら自分の好きな時間に起きて、場所にとらわれずに働いてみたい。

 

そんな風に考えたことはありませんか?

今回、パワートラベラーとして活躍している阪口ユウキさんのイベントで「数年後なりたい自分になる・少しだけ夢に近づく自分メディアの作り方」を学んできました。

参考夢に近づく!自分メディアのつくりかた

阪口ユウキさん

企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。そのライフスタイルを「パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をしています。専門はWEBマーケティング、アフィリエイト、自分メディア構築。東南アジアやヨーロッパ周遊生活、夫婦での世界一周を達成後、現在は大阪に拠点を移して育児中心の生活をしています。
引用:POWER TRAVELER

参考前回のイベントレポートはこちら
>>【イベントレポ】パワートラベラー阪口ユウキさん「企業に属さず、個人で生きる」

スポンサーリンク

自分メディアって何?

自分メディアの作り方を学びにきたといっても、「自分メディア」ってそもそも何でしょうか。自分のことを発信するツールといえば、以下のようなものが挙げられます。

  • ブログ
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • メールマガジン
  • Twitter

パッと思いつくのがSNSですよね。それからブログです。

今、このブログを読んでいる人は、きっと一つくらいはやっているのではないでしょうか。

Facebookに投稿している、Twitterでつぶやいている、Instagramで写真をアップしている、このような風景は今では日常的になりました。

その日常をどう発信するかが問題です。

友達だけの交流のみ、すべて鍵つきのアカウント、もちろん楽しいです。

どのツールを使ってもいいのですが、ちょっとだけ発信をかえることによって、自分の夢に近づくツールになるかもしれません。

自分と相性のいい発信できるツールを見つけて、試しにこまめにやってみる。

フォロワーを増やしてみる。

Instagramでフォロワーが1万人もいると、スポンサーがついて、もしかしたら好きなことができるかもしれないのです。

阪口さんの場合は、主にブログとFacebook。Twitterは合わずにアカウントを閉じちゃったそうです。

自分メディアの発信ツールとしてFacebookをこまめに更新している阪口さんは、コメントの交流や些細なことでも共有してくれます。こういうことが苦にならない、そして自分が楽しめるツールがいちばんだと思います。

Instagramでは旅の様子、日常などライフスタイルが垣間みえてとっても素敵。

阪口ユウキさんの考える自分メディアの定義

自分メディアの定義

自分の理念やメッセージ、活動を配信する「自分を伝えるメディア」

何か叶えたい状態があり、「それを叶えるために運営をしていくメディア」

☆見えなかった部分があるので多少違うかもしれません。

たとえば、ブログをやっていて記事が書けないとき。思い出してみてください。

あなたは、誰かに伝えたいことがあるのではないでしょうか。

自分の経験したこと、失敗したこと、つらかったことは、これからその経験をする誰かの役に立てばいいなと思ったことはありませんか?

その経験を経て、1年後の自分は何をしていたいですか?3年後、5年後は?

大きな夢でなくても、「こういう生活がしたい」って思ったこと、それは叶えたくありませんか?

そのために、いま何をするべきでしょうか。

 

自分メディアをつくることです。

自分メディアをつくって、発信し続ける。

それが今、あなたのやるべきことなんです。

セルフブランディングの基本

自分メディアをつくると決めたら、セルフブランディングです。

自分のことを徹底的に考える時間は、時につらく労力がかかるもの。

未来のことを考えるのは、わくわくするけど掴めないもの。

どういうふうになりたいか、必死に想像して考えた未来の自分になるためには、今行動をしないとなれません。

これは、相当努力が必要です。

ブログを始めたからといって、毎日書き続けるのはしんどいですよね。

SNSでシェアしても、なかなかフォロワーが増えない…。

だから、人は途中で諦めてしまう。

諦めずに努力した人しか叶えられないのです。

ブログの書き方もフォロワーの増やし方も、研究して改善して続けていくことが大切なんです。

自分の叶えたいことがはっきりしているだけで、ブレずに突き進むことも不可能ではありません。

阪口ユウキさんのパワートラベラー五ヶ条

僕が理想とする「パワートラベラー」は、次の5つの条件を満たしている状態を指します。この5つの条件を身につけるべく、日々、行動と思考を続けています。

一、世界を自由に飛び回る経済力があること

一、日本と同じ感覚で世界のどこでも暮らせる力があること

一、世界の流れを読む力があること(世界経済や投資)

一、世界中に価値観を共有できる仲間がいること

一、大切な人と一緒にいられる力があること(時間的余裕、紳士力)

引用:POWER TRAVELER

阪口さんが、自分メディアに発信するときにいつも振り返るのが、このパワートラベラー五ヶ条です。

この投稿はパワートラベラーとしての発信になっているか?

時には、奥様のフィードバックもありつつ、きちんと守ってるのは真のパワートラベラーですよね。

守られているメディアは、整理されていてすっきり見やすい。

セルフブランディングが終わったら、自分の発信していくカテゴリーを決めましょう。

セルフブランディングは雑誌を参考に

雑誌はたくさんの特集が組まれています。

  • 一週間のコーデネィート特集
  • 春メイクのポイント特集
  • 春パンプス特集
  • 足がすっきりダイエット特集

同じ雑誌でも、いろんなカテゴリーがありますよね。この雑誌のなかで、統一感を出すにはどうしたらいいでしょう。

少しだけあなたの得意なこと、たくさん知ってるもの、専門性の高いものを発信してみる。

ビジネスだけではファンがつきにくいので、プライベートも発信すると、より親近感がわきます。

ビジネスとプライベート半々。専門性とライフスタイルがキーポイントです。

自分メディアをつくり発信することは夢に近づく第一歩

まずは、自分の棚卸しをしてみましょう。

目的を明確にして、自分といっしょに育てるメディアを決めましょう。

自分の雑誌をつくるように、自分メディアをつくってみましょう。

「自分の経験やストーリーは誰かの役に立つこと」

私がいま発信しなかったらその人が困るかもしれないのです。

困る人を増やすのではなく、自分のしてきた失敗をその人がしないために発信するべきなんです。

 

まだ、どうせ私のしてきたことなんてありきたり。

なんて思っていませんか?

本当にそうでしょうか。

同じような生き方をしている人が、もしかしたら周りにはたくさんいるかもしれません。

周りにはたくさんいるから気づかないけど、少し違うコミュニティに行くだけで、おどろくほど自分って普通じゃないのかもと思ってしまうんです。

その感じた違和感をたいせつに。

あなたのストーリーを待っている人はかならずいます。

さぁ、自分メディアをつくりましょう。

 

参考前回のイベントレポートはこちら
>>【イベントレポ】パワートラベラー阪口ユウキさん「企業に属さず、個人で生きる」

POWER TRAVELER

読まれています
シェアされるイベントレポートの書き方と気をつけている7つのこと

【イベントレポ】TABIPPO×あんちゃさんの「旅を仕事に」出版記念イベントに行ってきた

#ルカルカ本「本気で稼げるアフィリエイトブログ」【ブックレビュー】人気!

\私も行きますジャックナイト/
ジャックナイト
スポンサーリンク
リゾバを始めたら靴擦れできていませんか?

トレンドスタンダード・ナナメドリ

初めて行くリゾートバイト…

レストランやホールスタッフは、黒いパンプスが基本です。

新しく買ったローファーで靴擦れしていませんか?

「痛くて仕事にならない!」なんてことになる前に、おすすめなのがトレンドスタンダードの痛くないパンプスです。

サイズ展開も豊富で立ち仕事が変わるパンプス、あなたも体験してみませんか?

>トレンドスタンダードのパンプスを見る

>10パーセントオフクーポンを受け取る

>ナナメドリおすすめの仲居草履はこちら

関連記事

【イベントレポ】TABIPPO×あんちゃさんの「旅を仕事に」出版記念イベントに行...

はあちゅうさん「自分」を仕事にする生き方で自分を見つめなおしてみる

ブロフェス2017に行って気づいたブログを始めた理由

「ブログは楽しい」ブロフェス2017感想を女性目線で語ってみる

【イベントレポ】パワートラベラー阪口ユウキさん「企業に属さず、個人で生きる」

イベントレポートの書き方・ナナメドリ

シェアされるイベントレポートの書き方と気をつけている7つのこと