好きな働き方を見つけるために

ヒューマニックでリゾバしてきた!私のリアル体験談「週末三連休編」

短期リゾバ体験談・ナナメドリ

リゾートバイトの仲居生活が終わって「海外ヨーロッパ二週間一人旅」に行くまで、一ヶ月ほど時間が空いたんですね。

二週間や一週間など短期リゾバもその間にやっていたんですが、激短期の三連休で働くというのをしてみました。

ただ実際に働いたのは一日半くらいです。

みじかっ。笑

人手不足のところは、こんなに短くても来てほしいんでしょうか?

というわけで今回は、弾丸リゾバの体験談をお届けします。

こんなに短くてもリゾバできちゃうんです!

今回は、ヒューマニックに登録をしていたので、そのままヒューマニックの担当さんに「お小遣い稼ぎ程度でいいので三連休だし働きたいんですけど、どこかありますか?」と電話をしました。

交通費を短期でも出してくれるところが良いという条件でお願いをしました。

短いし、「交通費なし」でもいいかなぁとは思ってしまいますよね。

行きたいところで働くならしょうがないと思ってしまいがちですが、意外と交通費ってかかるんですよね。

一番良いのは行きたいところで、交通費も全額負担してくれるところです。

最初のうちは、「交通費より行きたいところ!」を優先してしまう方もいると思いますが、だんだんがめつくなってきて、何が何でも交通費が欲しいと思うようになります。笑

参考リゾートバイトは交通費を負担してくれるところがおすすめ!

ヒューマニックから再び「バスで来るなら交通費出してくれる案件があるよ」と返信がきました。

電車より安価な高速バスなら往復バス代を支給してくれるというのです。

しかし、問題点がありました。

交通費出してくれるし、こんな短い期間で受け入れてくれるのに、問題?と思っていました。

「寮がめちゃめちゃ汚いんですよ。」

え、そんな派遣会社の人が言う?っていうくらいだから、相当汚いんでしょうか。

短期だし1日2日我慢すればいいので大丈夫ですと、了承してしまいました。

駅から遠すぎて迎えに来てもらうシステム

バスで目的地に向かうと電車の駅ではなく、道の駅で降ろされました。

派遣会社から教えてもらっていた連絡先に電話すると、迎えが来ているようです。

道の駅からもリゾバ先であるホテルは遠すぎて、車でしか行くことができないみたいでした。

私ともう一人男の子がいて、一緒に迎えの車でホテルに向かいました。

ホテルに着いて、受け入れが終わると、今度は寮に案内されます。

支配人の女性に「今、女子寮は中国人の子がいてねぇー。ちょっと汚いけど、ごめんね」と前置きをされました。

内心、汚いのかぁ。いやだなぁ。

でも、派遣会社にも「汚い」って言われてたしな…と思いながら、いざ問題の寮に到着しました。

参考リゾバの寮は綺麗か汚いのかどっち?住み込み寮の選び方と私の実体験

寮は山小屋?汚すぎるお風呂

見た目からして、山小屋でした。

まず部屋に案内され、荷物を置いて、トイレやお風呂に案内されました。

トイレはそこまでですが、お風呂が確かに汚い。

湯船なんかお湯溜めれない。

 

それくらい汚かった…。

 

中国人の子を否定するわけではないけど、掃除しなくて大丈夫なのか?

それでいいやって思って何か月か暮らせるのはすごいなーと感心してしまったほどです。

てか、お湯ちゃんと出るかな?

と一瞬不安になるくらいのお風呂でした。

部屋に戻ると、何もありません。

冷蔵庫もテレビもありません。

何もすることがない…。

読書をする気にもなれず、スマホをいじったりして過ごしました。

ホテルから寮に帰れない!方向音痴すぎて迷子

いざ出勤して、中抜けで寮に帰るときは方向音痴すぎて寮まで迷いました。

周りは木ばかりの森です。

ずっと同じ景色だし目印ないし、パニックでした。

一度ホテルに何とか帰り、寮まで帰れないと伝え、道を教えてもらいました。

リゾバの仕事は楽すぎる、並べるだけバイキング

接客した感じがまったくなかったレストラン業務でした。

ハーフバイキングというので、バイキング形式で自由に選べるものもあるけど、決まった料理も出すというシステムでした。

ちょうど、台湾か中国のお客様の団体が来ていて、料理を並べたり、バッシングしたりして終わりました。

台湾のお客様はとにかく食べるのが早いイメージです。

すぐ食べてすぐ帰る。言葉も通じないので、そこまでコミュニケーションもとらずに、さっと終わります。

本当に私が必要だったのか?という疑問の中、仕事が終わりました。

そう「めちゃくちゃ忙しい!」わけではなかったんですね。

とにかく、本当に小遣い稼ぎという感じで一瞬で終わりました。

道の駅で温泉に入って帰宅

寮も滞在時間が短いですから、一瞬で片づけて送ってもらいました。

バスが来るまでは時間があったので、道の駅に温泉がついてたので、温泉でのんびり浸かることにしました。

あんな汚い寮のお風呂との差が激しく…

きれいな温泉でした。

温泉入って、たいして働いてもないけど、疲れもとれ、ゆっくりバスに乗って帰れそうです。

案の定、爆睡して着いたら最寄り駅でした。

まとめ

  • 短期でも受け入れてくれるリゾバ先はある
  • 交通費は要確認。短期だと片道のみや出ないとこもある
  • 一瞬で終わるから、寮が汚くても耐えれる

短期ってほんとに何しに行ったんだろうっていう感じです。笑

家でゆっくりしているべきだったかな?とも思ったんですが、今思えば行って良かったかなー。なかなかあんな山奥まで行くことはなかったので、良い体験でした。

ホテルも寮も。笑

長期リゾバは不安がいっぱいという方は、まずは短期からおすすめします!

 

私の登録しているヒューマニック



ヒューマニック・ナナメドリ
私が初めてリゾートバイトに出会ったのはリゾバ.comの「ヒューマニック」です。

全国各地の求人案件を網羅し、行きたい場所に行けるヒューマニックは、リゾバ未経験・初心者にぴったりの派遣会社です。

北海道行きたい!沖縄行きたい!離島に行きたい!スノボがしたい!温泉入りたい!

そんな夢をすべて叶えてくれます。派遣会社で迷ってる…なかなか行きたいリゾバの場所がない…という方は、とりあえずヒューマニックで決まりです!まずは、登録してみましょう。

ヒューマニックに登録する
>>私のヒューマニック体験談を読む

読まれています
夏休み!短期リゾバで沖縄に行きたい!【リゾートバイト体験談・沖縄編】

リゾートバイトでスキー場に行きたい!雪山リゾバは売店がおすすめ

口コミ評判がないハッシャダイリゾートでチャット相談をしてみた結果