リゾバで働く

アドレスホッパーのための仕事知ってる?アドレスホッパーの新しい働き方

アドレスホッパー・ナナメドリ

最近、ZIPやめざましテレビ、おはよう日本で取り上げられた『アドレスホッパー』という言葉を知っていますか?

アドレスホッパー』とは、住所(アドレス)をホップする、動き回るという意味で、転々としながら暮らしている人のことです。

でも、それって住所不定のホームレスなんじゃないの? って思いますよね。

そもそも住所が定まっていないのに、どうやって仕事をするの? 職業はなに? 何でお金を稼いでいるの? と疑問だらけです。

その疑問を解決するために、『アドレスホッパー』のための仕事を、この記事では紹介します。

参考:NHK・おはよう日本「“アドレスホッパー”をねらえ」

アドレスホッパーになりたい?アドレスホッパーになるためには

アドレスホッパーの仕事・ナナメドリ

アドレスホッパーになるためには、どうしたらいいのでしょうか?

これからアドレスホッパーになりたい人のための心構えをお伝えします。

アドレスホッパーは健康体と体力が必要

アドレスホッパーは、健康いちばんです。

何ヶ月ごとに移動するには、新しい環境に慣れたり、移動する体力が必要。

ホテルなどに泊まると乾燥していて風邪もひきやすいですし、体調を崩すと仕事もできません。

体力がない人、よく風邪をひいてしまう人は、アドレスホッパー向きではありません。もし、その生活をはじめたとしても、1ヶ月程度で挫折する可能性大でしょう。

アドレスホッパーになるためには、まず体力をつける!

住民票移動はしない、シェアオフィスか実家

アドレスホッパーは、基本的に住民票移動はしません。

実家がある人は、実家に本籍があるのでそのままにしておく人が多いです。

実家がない人や、実家に帰りたくない人、疎遠な人、自立をしている人は、シェアオフィスを借りるのが一般的でしょう。

郵便物をまとめて転送してくれる、バーチャルオフィスというサービスもあるので利用しているようでした。

アドレスホッパーになるためには、実家かシェアオフィスを借りる!

リゾバの住民票移動・ナナメドリ
一人暮らしからリゾートバイトで住み込みするときの住民票移動についてこんにちは。ナナメドリです。 以前、私がリゾートバイトをしていたとき、住民票は実家にしていました。 実家がある方や、実家によ...

荷物と持ち物を減らしてミニマリストになる

人は生活をしていると、自然と荷物が増えていきます。

何かを買ったり、何かを集めたりすると、どんどん自分の持ち物が多くなりますよね。

アドレスホッパーという移動生活になると、スーツケース一つやバックパック一つで動くようになります。

そのためには、やっぱり最低限必要な持ち物だけで暮らさなくてはいけません。

借りれるものは借りて、現場で調達できるものは調達する、そのためには持ち物を減らすしかないのです。

アドレスホッパーになるためには、ミニマリストになる!

仕事はオンラインで出来るスキルを身につける

アドレスホッパーの仕事は、基本的にパソコン一つで出来る仕事です。

連絡のやりとりはメールやチャットツールでおこない、パソコンとWi-Fiがあれば可能ということです。

システム開発、エンジニア、プログラマー、ウェブ制作、デザイン制作、ライター、翻訳、動画制作などパソコンで出来ること。

それらを仕事としてやっているアドレスホッパーが多いようです。

アドレスホッパーになるためには、パソコンスキルを身につける!

参考:オンラインで学ぶWebデザイン講座を受けよう



アドレスホッパーはPCで仕事するフリーランスだけじゃない

ナナメドリ仲居

パソコンスキルには自信がない、今までパソコンを使った仕事をしたことがない人には、ハードルが高いかもしれません。

アドレスホッパーになるためには、パソコンが必要なのでしょうか?

リゾートバイト生活もアドレスホッパーの働き方

リゾートバイト生活も、アドレスホッパーといっしょです。

長期でも3ヶ月前後から住み込みで働けて、食事もまかないがあります。

リゾートバイトは寮生活なので、基本的に家賃もかかりません。アドレスホッパーとして、ビジネスホテルやユースホステルに泊まるのもお金がかかります。

家賃代もない、食事代もかからない。リゾートバイトなら、夢のアドレスホッパーになれるかもしれません。

リゾートバイトをするならまず派遣会社に登録しよう

住み込み寮生活のリゾートバイトを始めるには、まず派遣会社に登録しなければいけません。

せっかくのアドレスホッパーですが、無料で寮に住めるとはいえ、周辺環境も重要です。

リゾートバイトをしながら、パソコンスキルを身につけるためには寮にWi-Fiが必要でしょう。

最近のリゾートバイトは、新築寮でWi-Fiつき、食事のまかないも美味しいところがありました。

条件のいい派遣先を見つけるには、まず派遣会社に登録をすることです。

派遣会社の公式サイトに求人が載っていますが、細かく条件を出して、自分に合いそうな派遣先を見つけてくれるのは、登録して担当者の方に聞くのがいちばんなのです。

連絡も電話だけでなく、メールやLINEで求人情報を送ってくれます。一度登録してしまえば、あとは担当に任せるだけなので、とても助かりました。

アドレスホッパーになってみたい、必要コストを下げて転々と暮らしてみたい、旅するように暮らしてみたい人は、まずリゾートバイトの派遣会社に登録してみましょう。

リゾートバイト評判口コミ・ナナメドリ
リゾートバイトの評判が本当にきついと言われるのはどうしてなのかまとめてみたリゾートバイト(リゾバ)の評判と口コミが多すぎてどれを信じればいいのかわからないと思いませんか?現役リゾバイター【ナナメドリ】が約3年以上働いた経験をもとにおすすめ派遣会社やリゾバで重要なことをまとめました。...

こちらの記事も読まれています

【初めてのリゾートバイト】便利な持ち物10選と私の荷造りの仕方

リゾバでおすすめの場所!私が選んだリゾートバイト求人の基準

長期リゾートバイトは社会保険に加入するべき理由と3つのメリット

リゾバ.com(ヒューマニック)に登録する・ナナメドリ はたらくどっとこむ(アプリリゾート)に登録する・ナナメドリ アルファリゾートに登録する・ナナメドリ グッドマンサービスに登録する・ナナメドリ ハッシャダイリゾートに登録する・ナナメドリ リゾートバイト.net(ビーグッド)に登録する・ナナメドリ
リゾートバイトナナメドリ
ABOUT ME
ナナメドリ
ナナメドリ
ナナメドリです。リゾートバイト、スタバ、書店、ライブハウス、大学事務など、20社以上の職歴をもつ転職人生ブロガー。「もう嫌いなことはしたくない」好きな働き方を見つけるために、毎日ゆるく生きています。