美容の話

肌年齢が実年齢より年上でショックすぎたので毎日パックをすることにした

肌年齢が実年齢より年上・ナナメドリ

あなたは、自分の肌年齢を知っていますか?

「ドキッ」とした人。

アラサー、もしくはアラフォーではないでしょうか。

私もアラフォー36歳になりました。

そろそろ人に年齢を聞かれると、ぱっと言えなくなる時期に突入しました。

ナナメドリ
ナナメドリ
まぁ、ふつうに聞かれたら言ってるし、ブログにも書いてるしね!

年齢を知っても「え、見えない」「ぜんぜん年下かと思った」「若く見える」と言ってくれる人たちに気を遣わせてはいけません。

だったら、本当にアラフォーに見えないようにならなくてはと決意したんです。

決意直後、即フェイシャルエステを受けたら、肌年齢がなんと38歳でした…。

ショックすぎるので、肌年齢をせめて実年齢にもどすべく気をつけたいスキンケアをまとめてみました。

パーツ美容専門サロン「DanjoBi(ダンジョビ)」恵比寿店を予約した

ダンジョビ恵比寿店・ナナメドリ

フェイシャルエステを受けたのは、だんだん暑くなってきた5月下旬。

3月ごろに急に目の下にできたシミが気になって気になって、仕方がありませんでした。

できてしまったシミはどうしたらいいのでしょうか。

そもそも、シミなのか肝斑なのか、だいたい肝斑ってなんだっけ。

肝斑の大きな特徴は、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることです。特にほほ骨のあたりに現れ、比較的広い範囲に、輪郭がはっきりしない形でモヤッと広がります。額や口の周辺にもできることがあります。目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。

引用:「肝斑(かんぱん)」とは|トランシーノII[第一三共ヘルスケア]

ナナメドリ
ナナメドリ
肝斑じゃないかも? とりあえず薄くしたい…

3月から5月の2ヶ月間、美白アイテムや日焼け止めをきちんと塗るようにしてたものの、効果をあまり感じられませんでした。

むしろ、最近肌がごわついたり、テカることが増える季節の変わり目です。

予約したのは、おしゃれな響きの恵比寿にある「パーツ美容専門サロン DanjoBi(ダンジョビ)」さん。

ナナメドリ
ナナメドリ
もう恵比寿に行くだけできれいになれる気がする…

パーツ美容専門サロンって何をするのか

パーツ美容専門ってなかなか聞いたことがありませんよね。私も初めて聞きました。

なんでも「日本初」でした!

そりゃ聞いたことないはずです。

ダンジョビでは、見た目の印象を決めるのは、目元・口元・手元といったパーツの美しさと考えています。

そして、継続的にお手入れをすること。

だから、通いやすい価格設定と確かな効果のメニューが用意されています。

ナナメドリ
ナナメドリ
やっぱり目元や口元って年齢が出るもんね…!

私は、ホットペッパービューティで予約しました! 新規だと3,800円からのコースがあるので、クーポンで試すことができます。

ホットペッパービューティで「ダンジョビ」を予約!

保湿美白重視のフェイシャルエステを受けた

私は、以前ホットヨガスタジオ「LAVA」の手ぶら体験に行きました。

なんとLAVAのメルマガ会員の方なら、お得にエステが受けられます。

いちばん安いコースでも、3,800円なのがLAVAメルマガ会員だと「2,800円」です。

私はこの2,800円の『【LAVA】プレゼント付美白成分導入』という保湿と美白重視のコースを選びました。

カウンセリング後、自分でクレンジング・洗顔をして肌年齢や肌診断を受けました。

そこで、知った自分の肌年齢。それが38歳だったんです…。

ナナメドリ
ナナメドリ
はぁ…ショック…38さい…

フェイシャルエステ前の肌年齢チェック38歳が受け入れられない

  1. シワ(水分)
  2. 毛穴
  3. 色素沈着(シミ)
  4. 油分

肌診断は、上記の4点がわかります。

私の場合は、油分以外が「標準」でした。シワ(水分)や色素沈着(シミ)は良好で、毛穴は普通です。

どうやら気にしていたシミは、同年代と比べるとそこまでひどいものではないらしい。

ナナメドリ
ナナメドリ
そんなこと言われても気になるのが女性ですってば。
ダンジョビ肌年齢結果・ナナメドリ

そして、肝心の油分だけが少なすぎました…!

テカる原因は、油分が少ないから必死に油分を出そうとお肌ががんばってるからなんですって。

10代、20代のころは脂性肌だと思い込んでいた人もいたのではないでしょうか。

私もそう思ってたんです。だからテカリを抑えようと、さっぱりするケアばかりしていました。

これが水分だけでなく、油分も補えてない状態だったんですよね。

きっちり油分をいれてあげないと「油分が足りないよー」ということで、逆に皮脂が増えてテカるそうです。



女性の3分の2が実は「油分が少ない」どうすればいいの?

ナナメドリ
ナナメドリ
じゃあ油分が少ない人は、どうすればいいの?

サロンスタッフの方に、聞きました。

私はこれから何をすればいいのか。

もちろん、食事改善や積極的にオメガ3などの栄養素も摂ることも必要です。

しかし、スキンケアはどうしたらいいのか。とりあえず、この3つを守ることにしました。

  1. 洗顔はかならずぬるま湯で!熱いお湯は絶対NG
  2. どんなに眠たくてもパックをする
  3. クリーム(油分)でしっかりフタをする

1.洗顔はかならずぬるま湯で!熱いお湯は絶対NG

クレンジングや洗顔を、お風呂やシャワーのついでに熱いお湯でしていませんか?

寒い季節は、特にしてしまいます…。

熱いお湯は、乾燥を招くだけです。一刻もはやくやめて、ぬるま湯で洗いましょう。

2.どんなに眠たくてもパックをする

夜って眠たいじゃないですか。仕事終わって、家事をして、お風呂入って、眠る。

髪を乾かすのもだるいし、なんならお風呂入るのがめんどう。

夜お風呂に入って、きちんと化粧水をつけてからパックをするだけで、お肌は少しずつ変わってくれます。

私はルルルンシリーズが好きなので、めちゃくちゃ愛用しています。

3.クリーム(油分)でしっかりフタをする

パック後に忘れがちなのが、乳液やクリームを塗ることです。

パックをしたあとは、うるうるもち肌になりますよね。そのうるおいが続くと思ったら大間違い。

水分は乾燥してくばかりなのです。そこで、きちんと乳液やクリームをたっぷり塗ってあげないと、パックの意味台無しなんです。

どうせパックをするなら、きちんと乳液・クリームをつけなくてはいけません。

ダンジョビのフェイシャルケアコースを受けた感想

  • 高濃度炭酸ミスト
  • マッサージ
  • フォトトリートメント
  • HA4クーリング導入パック

スキンケアも大事ですが、継続的にフェイシャルエステを受けるのも美肌には効果的です。

私をめちゃくちゃ保湿してくれ…と神頼み的な気持ちで、エステにのぞみました。

エステ前と、エステ後の肌の状態を確認するために、最初に鏡を見ながら自分の肌をさわりました。

ナナメドリ
ナナメドリ
まぁ、ざらざらしてますよね。かなしい。

炭酸ミストから、私の肌に合わせてもらったHA4メガポレーション導入をすると、エステは極楽でした。

やっぱり30代入ったら、定期的に通ったほうがいいのかしら…と、うとうとします。

あっという間の40分でした。

エステ中って、どうしても眠たくなっちゃうからあんまり覚えてないですよね。(苦笑)

しかし、鏡をみたら…

めっちゃ白くなってました!!!!

さすが、美白と保湿コース。

ナナメドリ
ナナメドリ
さわったら、もちもちー!うれしいー!



美肌はスキンケアの努力と財力だ

アラフォーだけど、美肌は諦めたくない。

シミができても薄くしたい。

アラフォーならアラフォーなりに、少々お金をかけてでも努力するべきだと感じました。

ダンジョビのフェイシャルエステは継続的に通いやすい価格設定で、私が受けに行ったときにも、かなりのお客様が来店されていました。

40代、50代の方が多かったですが、私より肌がきれいでした。

きっと私より日々の努力をされているんだろうと感じます。

ほんと、それに比べたら私のスキンケアなんて、雑すぎました。反省。

私も、まずは毎日パックをしてかならずクリームを塗る。そしてエステに行く。

これを読んでるあなたも、自分の肌年齢が気になったら、ぜひダンジョビでフェイシャルエステを受けてみてください。

衝撃の写真結果で現実を知ることでしょう…。

ホットペッパービューティで「ダンジョビ」を予約!

毎日パックはこちらもおすすめです

ミノンの美白ミルクマスクは、乳液っぽい感じでパックとしては「えっ」と驚いたのですが、いい感じでした。

保湿も気になるけど、毛穴が気になってた時期に使っていました。パックが分厚くてしっかり保湿してくれます。ちょっと高いけど。

ルルルンは、ほかのシリーズも大好きです。ご当地ものも好きで、よく買っちゃいます。

ナナメドリ
ナナメドリ
パックがんばって続けましょう!

こちらの記事も読まれています

姿勢を良くするにはホットヨガかも!ラバの手ぶら体験店舗でレッスン受けてきた

春のイメチェンを3万円で全部してみたい!髪型からメイク・コーデまで

通うことができない私がアリシアクリニックに1年通って気づいた11のこと

ABOUT ME
ナナメドリ
ナナメドリ
ナナメドリです。リゾートバイト、スタバ、書店、ライブハウス、大学事務など、20社以上の職歴をもつ転職人生ブロガー。「もう嫌いなことはしたくない」好きな働き方を見つけるために、毎日ゆるく生きています。