好きな働き方を見つけるために

シェアハウスってどうなの?一人暮らしではなく東京でシェアハウスに住む選択

こんにちは。

元リゾバイターブロガー・ナナメドリ(@nanamedori)です。

私、東京のシェアハウスに住んでいます。

こんなに一般化したのに「シェアハウスに住んでる」と言うと、いまだにびっくりされます。

今回は一人暮らしではなく、シェアハウスを選んだ理由をお話しします。

※残念ながらシェアハウス内恋愛はしたことありません。

一人暮らしにはお金がかかる

一人暮らしを一度でもしたことがある人は、周知の事実です。

お金、かかります。

学生時代の一人暮らしは、仕送りもありますよね。扶養されている場合は、税金の支払いは親が管理してくれていることでしょう。

しかし、社会人の一人暮らしは思った以上にお金がかかります。思った以上に、厳しいのが住民税などの税金の支払いです。

住居手当がつく会社もありますが、必ずつく会社に入れるとは限りません。

私も「ただ一人暮らしがしたい!」という理由だけで、一人暮らしをしたことがありました。

 

しかし、まったく貯金ができませんでした。

 

一人暮らしをするための貯金は、すぐ家具や家電になりました。

毎月、カツカツで「貯金ができないのは収入が少ないせいだ!」と思っていました。

節約もしているつもりでしたが、食べることが大好きだったので、なかなか削れませんでした。

リゾバで寮生活を経験

一人暮らしを経験してしまうと、実家はとても窮屈に感じます。

自分のペースで生活できないのが本当に苦痛でした。

実家に戻ってからすぐに、私はリゾバに飛び出してしまったのです。

リゾバ=リゾートバイトというのは、住み込みでリゾート地でバイトをすることです。

しかも、家賃も食費もかからないのです。

今まで家賃として出ていったお金は、まるまる自分のものになるんですね。

これで貯金を貯めるしかないと決意して、実家を出ました。

そんなリゾバでは、必ず寮があり、そこで共同生活をするのです。

同じリゾバで派遣としてきている人や、社員さんも住んでる場合もあります。

お風呂やトイレは共同だったり、冷蔵庫、テレビ、エアコンなどの家電がすべて揃ってる寮も揃ってない寮もありました。

そんな寮生活を約2年すると、もう実家では煩わしいと思っていたことが、なんと許せるようになりました。

・誰かがお風呂入ってる→後で入るor朝入ればいいか

・洗濯機まわってる→明日でいっか(どうせ一人分だし)

・朝キッチン使ってる→10分後に使おう

実家では、自分のペースで生活できないことに苛々してたのに、寮では譲り合いをしないと生きていけません。

また、家族という身近な存在のほうが我儘になってしまうと思うんです。

他人だったら、譲ってあげよう。譲らなきゃ。って思うことありませんか?

他人だからこそ一緒に生活できるんだなと感じたのが、リゾバの住み込み寮生活でした。

参考リゾバの寮は汚い?住み込み寮生活の実体験

寮生活からのシェアハウス

リゾバの寮から、シェアハウスに住むというハードルはまったく高くありませんでした。

ただ場所が変わって、仕事も通うだけというだけです。

私は東京で3軒のシェアハウスに住みました。

むしろ寮よりシェアハウスのが快適に思えるのです。

それは何故でしょうか?

シェアハウスは家賃を払っている

当たり前なのですが、シェアハウスは家賃を支払います。

リゾバの寮は一切寮費というものを払いません。

一見、寮の方がお金が貯まるし良いことばかりのように思えます。

しかし、自分の住んでいるところに対して一切お金を払っていません。

人間不思議なのですが、自分が痛くもかゆくもないと、共用の部分とか掃除をしなくなるんですね。

「どうせ短期間だけしかいない」という理由も大きいといえます。

きれいでも汚くても少々どうでも良くなったりしてしまうんです。

「誰かがやってくれる」って思ってしまうんですね。

それに甘えてしまう人も多かった印象でした。

それに比べ、シェアハウスは家賃を払っています。

キッチンもきれいなほうがいいから掃除をします。ゴミ捨て当番があれば必ずします。

エアコンやお風呂が壊れれば、管理人に電話します。

そして、すぐに解決してもらいます。

お金を払っていると、自分は損をしたくないんです。

だから、みんなちゃんとするんです。

【追記】シェアハウスでも、ごみ当番など当番制でない限り、やらない人は必ずいました。残念です。

住んでいるのは同僚ではなく他人

リゾバの寮生活は、仕事の仲間・同僚と住んでるんです。

仕事もプライベートも一緒なんです。

仕事で気まずくなっても、帰るところは同じなんです。

また、仲良くなりすぎて仕事がなぁなぁになってしまうこともあります。

どちらも良い影響になっているとは言い難いですよね。

それが、シェアハウスはまったくの他人です。(たまに、友人同士もいます)

仕事・学校もバラバラです。

何をしている人が知らない人もいます。

ただ、会ったら挨拶をする程度でいいんです。

この距離感が私にとっては面倒ではなく、とても落ち着くのです。

シェアハウスに住むメリット

とにかく家賃が安い

これがいちばんの理由です。

名古屋で一人暮らしをしていたときには、私は貯金がまったくできませんでした。

少しでも毎月かかる固定費は抑えたい。

そして、実際に抑えられているのが固定費・家賃です。

一人暮らしをするよりは、シェアハウスの方が断然家賃が安いです!

家具・家電を買わなくていい

新しく家具や・家電を買うのも大きい出費です。

一人暮らしをするには、新しい家具や家電が必要ですよね。

シェアハウスでは、すべて揃ってるので買わなくていいのです。

今のシェアハウスでは、部屋に冷蔵庫とテレビとエアコン、ベッド、机などが揃っています。

布団がついているシェアハウスもありますので、本当にスーツケース1つでも住むことができるくらいです。

意外と都心に住める

今では、女子専用できれいな物件や、駅近徒歩5分の物件など色々あります。

都心であれば、通勤も楽になります。

私は、もう駅近にしか住めません。

これから「都心に住みたい」東京生活を一からスタートしたい方は、トーキョーダイブがおすすめです。

仕事も住むところも見つけてくれるサービスなんです。

仕事だけ、家だけ、というサービスはたくさんありますよね。

どっちも見つけてくれるところは、なかなかありません。

東京生活・初心者だった私は、土地勘がなかったので仕事先を家から遠い場所に選んでしまいました。

すごく後悔したのを覚えています。

そんな後悔をしないために、東京生活をスタートしたい方は是非相談してみてくださいね。

TokyoDive(トーキョーダイブ)公式サイト

デメリットもあるよ
シェアハウスで盗難に遭って警察沙汰になった話

読まれています
【イベントレポ】TABIPPO×あんちゃさんの「旅を仕事に」出版記念イベントに行ってきた

四国移住はおすすめ?四国暮らしフェアに行ってきたのでメリットデメリットを紹介

貯金ゼロでワーホリ留学に行ける?「ZEROから留学」の無料相談に行ってきた!人気!

 

リゾートバイトのあとならトーキョーダイブがおすすめ




リゾートバイトで貯金したあとは、どうする?

上京して憧れの東京生活がしてみたい人におすすめなのが「トーキョーダイブ」です。

シェアハウスはちょっと…という人には、一人暮らしの物件も「敷金」「礼金」「仲介手数料」がかからずに契約できます。住む場所と、働く場所をどちらも紹介してくれる「トーキョーダイブ」に一度相談してみませんか?

トーキョーダイブに相談してみる

初めてのリゾートバイトにおすすめ派遣会社アプリ



アプリ派遣会社おすすめ・ナナメドリ

この夏…リゾートバイトで貯金しながら遊びたいと思っているあなた。

寮も仕事も一緒の空間を過ごすことが多いということは…

出会いも多く友達や恋人までできちゃうかも?

そんな期待をしているあなたのおすすめ派遣会社はアプリリゾートです。

アプリリゾート公式サイトをみる

今なら登録者全員にAmazonギフト券がもらえます!【8/10まで】
>>詳しい登録方法はこちら