リゾバ体験談

小豆島でリゾバしてきた!私のヒューマニックリゾバ体験談

小豆島リゾバ・ナナメドリ

リゾートバイトは30歳になったら辞めたいと考えていた私が、最後のリゾバに選んだのは小豆島でした。

(あとになって30過ぎてもリゾートバイトを再び始めることになりますが)

小豆島リゾバに決めた理由は、最後のリゾバは楽しくハッピーに終えたい、仲居じゃなくてみんなで楽しく働きたかったからです。

ちょうど初めてのリゾートバイト先で出会った友達が働いていたホテルの求人を、派遣会社の担当からもらい、こりゃここに行くしかないなと感じました。

一度行ったらやみつきの瀬戸内海で二番目に大きな島、小豆島のリゾートバイト体験談をお送りします。

小豆島でバイキングレストランと宴会仲居のリゾートバイト

期間:瀬戸内国際芸術祭シーズンの8月から12月まで

職種:バイキングレストラン・宴会の仲居

寮:個室(トイレは個室内・お風呂はシャワーかホテルの温泉)

賄い:1日2食つき(賄い作ってくれるおばちゃんがいた)

夏休みや秋の紅葉シーズンは、お客様も多くめちゃくちゃ忙しい時期でした。

特に、瀬戸内国際芸術祭が開催されているシーズンだったので、外国人の方が5連泊されたり、芸術祭ファンの方がたくさん来て賑わっていました。

私もにわかアート好きで、リゾートバイト選びの基準で「行きたい美術館がある」が入っています。

小豆島に美術館はないけれど(ないんかい)芸術祭でアートだらけの島は、歩いているだけで楽しかったのです。

休みの日に歩いていると「芸術祭?案内するよ!」とボランティアスタッフの島の人も優しく、いい人ばかりだなという印象でした。

(ただスーパーに行くだけだった私は丁重にお断りしました)

リゾートバイトおすすめの場所・ナナメドリ
リゾバでおすすめの場所!私が選んだリゾートバイト求人の基準リゾートバイトにおすすめの場所ってあるの?なかなか行きたい場所が見つからない人のために、現役リゾバイターの【ナナメドリ】が「リゾートバイトで失敗しないおすすめの場所の選び方」を紹介します。せっかくならリゾバは楽しく稼ぎたい人のために!...

バイキングレストランのリゾバ体験談

バイキングはとにかく種類が豊富で、おかわり自由なわけです。

唐揚げもエビフライも、補充してはすぐ消える。。。

みんなどんだけ揚げ物好きやねんと思うくらい、バイキングはいつも戦いでした。

和食、サラダ、揚げ物、うどんそうめん、ごはん、デザート、ドリンクコーナーを守る担当が振り分けられてて、担当場所の補充を怠らないように必死です。

インカムもあり、「いま調理場さんに作ってもらってるけん、まってて!」「あとでパイナップルも上がるからヨロシク!」「りょーかい」なんて活気のあるやりとりをしてました。

(京都のインカムとはえらい違い)

バイキングのメリットは、やっぱりみんな一丸になって準備や片付けをおこないます。

みんなでやれば早くおわる!

案内もバッシングも補充大変ですが、そこはみんなでカバー!

やり終えたときの充実感はたまりません。

宴会仲居のリゾバ体験談

バイキングは繁忙期シーズンしかオープンしないホテルだったので、落ち着いたら食堂形式のスタイルや洋食、宴会会場で働くことになりました。

私はもともと仲居をしていたので、一人で10人弱の宴会をもったり、お姉さんといっしょに大台の宴会につくこともありました。

いちばん多かったのは、20〜30人前後のバスツアーの宴会です。

地元のお姉さんたちは、みんな良い人で、お土産をよくくれたり、賄いのお供に手作りおかずをおすそ分けしてもらったりしました。

バイキングより宴会のほうが私は好きでしたが、たまにカラオケ歌ってと無茶ぶりされたり、数が数えられないお姉さんに当たったときは面倒でしたね。。。

小豆島は離島で田舎なのに生活は便利

仕事内容は、いたってどこでもあるリゾートバイトな感じでしたが、生活圏内に色々あったので、とても助かりました。

徒歩圏内にコンビニ、ドラッグストア、うどん屋、ラーメン屋、スーパー、100円ショップ

もうちょっと歩けば(15分以上)、ゲオ、カラオケ、喫茶店や美味しい飲食店、ファミレス、図書館もあります。

小豆島は、小豆島町と土庄町があり、移住者が多くオシャレカフェがあるのは小豆島町です。

私が住んでいたのは、土庄町で比較的何でもあって、充実していました。

離島でリゾートバイト行きたい方は、小豆島まじでおすすめです。

住み込みバイトで離島なんて何もないんじゃないか、心配という人にこそ「小豆島」に行ってほしいです!

小豆島はカフェや観光が充実している

小豆島リゾバ・ナナメドリ
「小豆島にはいつか旅行したい」という友達も多く、私がリゾートバイト期間中に友達が遊びにきてくれたこともありました。

ホテルでレンタカーを借りて、いっしょにカフェをまわったり、観光したり楽しかったです。

定番観光地の、オリーブ公園やこまめ食堂でランチ、マルキン醤油記念館でしょうゆソフトクリームを食べたりしました。

また、ドラマや映画のロケ地としても有名なので、ロケ地巡りもしましたよ!

小豆島Nのためにロケ地・ナナメドリ
写真:TBSドラマ「Nのために」・小豆島ロケ地「池田城石桜公園」

私は「Nのために」が好きだったので、行きました!!

希ちゃんと成瀬くんのお気に入りの場所ですね。勉強してたり、将棋さしたり、こんな青春の1ページほしかった…。と思いましたが、車で途中までいき、車を降りて歩いていかないとたどり着けませんでした。なかなかハードだった記憶です。

ほかのロケ地は、意外と通ったことがあるところで、住んでいるとやっぱり素通りしちゃってました。(笑)

参考:Nのためにロケ地ガイド

小豆島から脱出したいときは高松までフェリーに乗る

どんなに観光が楽しくてカフェがあっても、小豆島から出て遊びたいときがあります。

そんなときは、フェリーで1時間の高松へよく行きました。

高松は、瓦町周辺はデパートもありショッピングするには最適です。映画を観たいときは、高松イオンへ行ったり。

高松港から徒歩圏内で、丸亀町商店街があるので、ゆっくり歩きながらぶらぶらするのも楽しかったです。

参考:高松丸亀町商店街


小豆島リゾバは稼げない?という噂があるらしい

私の働いていたときは、繁忙期でも6連勤1日休みの繰り返しが多く、稼げないということはありませんでした。

ただ、閑散期に入ると3連休があったり、夜だけや朝だけシフトもあったんです。

そんなに稼ぎたいわけじゃない人には、ただ嬉しいだけですが、稼ぎたくて来ている人は「ぜんぜん稼げない」と嘆いていました。

友達はオリーブ収穫バイトを手伝っていた

地元の人と仲良くなるのが天才的な子は、オリーブ農家の手伝いバイトをしていました。

10月ごろに収穫時期になるので、ひたすらオリーブ摘みのバイトです。

私は農作業や外に出てする仕事が苦手なので(日焼けしたくない、焼けると疲れちゃう)やりませんでした。

リゾバの中抜けでカフェで働く子もいた

リゾートバイトで派遣として来てるのに、中抜けで飲食店のランチタイムのバイトをしてる人もいました。

体力すごい!と感心してましたが、夜の出勤のときに、遅刻して来なかったり、寝坊が目立ってたんです。

あまりにも多いので、派遣会社にクレームがいったほどです。派遣の契約違反にもなりかねないので、本気で稼ぎたい人はリゾバ行く前に閑散期の月収見込みも確認しておきましょう。

リゾートバイトの時給と月収・ナナメドリ
リゾートバイトは時給じゃなくて月収見込みの給料で探すと稼ぎやすいリゾートバイトを時給で選んでいませんか? とりあえず、求人案件を探していると目に飛び込んでくるのが、数字・お金・時給です。 ...

まとめ・小豆島リゾートバイトは楽しかった

友達といっしょに働けたのもありますが、小豆島リゾバは楽しかったです。

はじめは、「友達といっしょ」ということに、気を遣わせちゃうかなぁ、やりにくいかなぁなんて考えていました。

私自身、友達と働くことに慣れていなかったので、早く仕事を覚えてできるようにならなきゃ!と思ったんです。

もちろん、友達以外にもみんなやさしく教えてくれたり、時にはテキトーだったりしたので、面白かった。

社員の方、お姉さんも個性あふれる人ばかりで、とても良くしてもらいました。

小豆島のリゾートバイトが終わっても、結局年に一度は小豆島へ行っている気がします。

特に、もう観光するところもないけれど、新しいカフェができたり、知っている人とつながっていたり、今でも大好きな島になりました。

いつかは、移住したい土地ナンバー1です。

本当にリゾートバイト後に、移住するリゾバ仲間もいるくらいおすすめです。

離島でリゾートバイトしたい、瀬戸内海の島が好き、小豆島行ってみたいという人は、ぜひ小豆島リゾートバイトしてみてください!

アルファリゾート

ここだけの話。

私よりアルファリゾートに登録している友達のほうが、同じ仕事なのに時給が高かった…なんてことが実際にありました。

派遣会社がちがうだけで、給料が変わります。これだけは覚えておいてほしい。

おすすめ度
求人案件数 求人数はそこまで多くないのに、意外とレア案件がある。全国網羅をしているわけではなさそう。地方によって全然求人がないところも。
時給 未経験仲居でも高時給。ヒューマニック・アプリより高かった!50円〜100円もちがった!
登録したあと メールでもいくつか案件送ってくれる。長期リゾートバイトを考えている人は、福利厚生が充実しているのでアルファがおすすめ。アルファ登録者は、語学ができて30代〜40代も多く、がっつり稼ぎたい人が多かった!

登録方法公式サイト

アプリリゾート

プチ移住体験としてもリゾートバイトはおすすめ。

イナカ暮らしに興味があるは、まずは住み込みバイトで地方の暮らしを味わってからのほうが後悔しません。

将来はゆったりした離島で住みたいと考えている人は、大手のアプリリゾートで探してみてください!

おすすめ度
求人案件数 多め!アプリとヒューマニックの求人数を比較することが多い。だいたい案件数がかぶってるので、マニアックな土地に行きたいときは探しちゃいます。
時給 最低賃金は上がってるものの、高時給のアルファリゾートやグッドマンサービスと比べると低く感じちゃう。
登録したあと メールで求人案件を送ってくれます。派遣先が決まったら、担当者の方とLINEすることもありました。(電話でもOK)基本的にレスポンスが早いし、登録前に公式サイトでチャット相談できるのもいい!

登録方法公式ページ

ヒューマニック

このヒューマニックの広告の場所、私は小豆島の二十四の瞳映画村だと思うんですよね。(公式には確認していません、推測です)

それくらい離島なら小豆島ってことです←

人生に一度は、小豆島。

おすすめ度
求人案件数 全国行きたいところに絶対行けるのがヒューマニックです。やっぱり求人案件はダントツかなぁ。
時給 今回、ランキング3位にしたのは時給が他の派遣会社より低かったからです。でも、当時は今まで自分がやってきた仕事より高く思えたので、まぁいいかなとは…思えませんww
登録したあと メールで求人案件を送ってくれます。採用担当の方も熱心に紹介してくれて、好印象でした!担当の方は、リゾバ中によく電話をかけてくれたり、実際にお会いしたこともありました!

登録方法公式サイト

リゾートバイトナナメドリ
ABOUT ME
ナナメドリ
ナナメドリ
ナナメドリです。リゾートバイト、スタバ、書店、ライブハウス、大学事務など、20社以上の職歴をもつ転職人生ブロガー。「もう嫌いなことはしたくない」好きな働き方を見つけるために、毎日ゆるく生きています。